葬式のタブーについて

親しい間柄の人のところで不幸があったとしたら、お通夜やお葬式に出ることになるかもしれません。場合によっては都合がつかなかったりして、人にお香典を託したりすることもあったり、郵送で送るようにすることもあったりするのでしょうが、都合が付くのならできるだけ参列するようにすると丁寧なのです。
お葬式に出る際には避けたいことがあります。それは服装や身に着けるものなどに関することになります。服装は黒い礼服、喪服、スーツなどにして、アクセサリーはつけないようにします。そして冬場などに忘れがちではあるのですが、コートなども着用していくのはいいのですが、その素材に注意をしましょう。
コートや手袋、マフラーなどではその素材を動物由来の目に付くものを避けたほうがいいのです。具体的には毛皮やファーが付いているようなものでは動物の死を連想させるのです。ですから、殺生を連想させるものは避けるようにするのがマナーなのです。