お葬式で肌色ストッキングはマナー違反

お葬式の服装は黒が基本となりますので、式場に入る前にもう一度確認しておくことをおすすめします。特に喪服にばかり気を取られてしまい、足元のチェックを忘れてしまうことがよくあります。式場で恥ずかしい思いをしないように気をつけておきましょう。
もっともありがちなミスが、ストッキングの色です。肌色などのナチュラルストッキングを履いた状態ではマナー違反となり、式場でも目立ってしまいますので気をつけたいところです。基本的には適度に透ける黒色のストッキングを履いていきましょう。厳冬期などで冷えが気になる場合については80デニール程度のタイツであれば、あまり違和感がありませんので履いても大丈夫です。ラメ付きであったり厚手すぎるタイツはカジュアル感が出てしまうので避けるほうがベターです。万が一忘れてしまった場合は式場近くのスーパーやコンビニ等で購入しましょう。
また男性も白っぽい靴下を履いてくるというマナー違反をしてしまいがちです。夫婦で参列する場合には、お互いの足元を確認するなどの一手間で、マナー違反を防ぐことができます。