葬儀の際の服装について

葬儀の際には、基本的には黒のベースの服装にするようにします。立場によっても洋装和装などもかえることもあるのですが、その家庭によっても異なります。一般的には礼服を着用するというものですが、最近では黒ベースのスーツなどでもいいとされるようになっています。
また、女性の場合では結婚指輪以外の光物のアクセサリーは避けるようにして、真珠くらいにしておくといいでしょう。バッグも黒をベースにしたものにして、葬儀の際には地味な格好にするようにしましょう。靴などもヒールの低いものにしておくようにします。
和装の場合では、しっかりと家紋を確認して着用するようにするといいでしょう。近しい関係である場合には和装にすることもあるのです。

男性の場合は黒いスーツを着用してネクタイは黒無地にすることが一般的です。革靴はエナメルでないものやバングルなどがついていないものが好ましいとされています。派手なアクセサリーや腕時計もつけないことが常識となっています。女性の場合もブラックフォーマルを着用することが基本になっており、スカートやパンツルック、ワンピースなどのかたちがあります。結婚指輪以外の派手なアクセサリーやマニキュアは控えるようにします。化粧も派手なものにはせずに、髪の毛もすっきりとまとめるようにします。ヘアアクセサリーは派手なものは控えるようにしますが、艶のない黒のリボンなどはつけてかまいません。スカート丈は眺めにして、ヒールは3cmくらいの低めのものにします。パンプスは光沢がなくバングルがついていないシンプルなものを選ぶようにします。

<PR>英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / 心の童話 / 童話 / オーディオ / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 女性の人生 / 家計見直しクラブ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 工務店向け集客ノウハウ